モノクロの生活

モノクロの生活

理系国立修士卒、現研究職。切り絵にはまって、さぁ大変。切り絵とか生活のこととか気まぐれ雑記。作品・写真の無断転載・複製は法的措置を講じます。

【グッズ制作】画像で詳しく解説! クリアカードを作る

【2017年8月10日 追記】

f:id:yayoi0004:20170810215209j:plain

今日はクリアカードを作った経緯、作り方、お世話になった業者さんをご紹介致します。ポストカードとは違った味があり、切り絵と同じように影を楽しめる点が素敵です。

[目次]

 

 

クリアカードって何?

f:id:yayoi0004:20170810215345j:plain

プラスチックに印刷された、はがきサイズのカードです。知り合いの作家さんでクリアカードを作っていらっしゃる方が多く、「いつか私も作ってみたいなー」という憧れがありました。

作ってみたら意外と簡単でした。以前ご紹介したポストカードの作り方とほとんど変わらないので、ご興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

www.yayoi0004.com

 

お世話になった業者さん

今回は「クリアカード 印刷」で検索してヒットした、オンデマンド倶楽部さんにお願いしました。

www.od-club.jp

※ 上記メニューの「クリアカード」は白 → 透明で表現され、「白印刷対応クリアカード」は白 → 白インクで表現されます。

 

制作環境

・Adobe Photoshop CC 2015

 

クリアカードの制作方法

1. ページ設定

オンデマンド倶楽部さんのポストカードサイズは「90×140 mm」なので、通常のはがきサイズ (100 × 148 mm) よりも約1 cmほど小さい作りになっています。

トンボは上下左右3 mmずつ (トンボとは? についてはこちら) で変わりません。よって、設定は

  • サイズ「146 × 96 mm
  • 解像度「350 pixel/inch
  • カラーモード「CMYKカラー」

 を選びました。

f:id:yayoi0004:20170810220140j:plain

 

2. ガイドの作成

f:id:yayoi0004:20170810220251j:plain

「表示」→「新規ガイド」でトンボを制作します。「水平方向 3 mm, 93 mm」「垂直方向 3 mm, 143 mm」にガイドを作成。

 

f:id:yayoi0004:20170810220537j:plain

ガイドができました。あとはデータを作成していきます。

 

f:id:yayoi0004:20170810220625j:plain

完成しました。

 

データ入稿

f:id:yayoi0004:20170810220715j:plain

「My ページ」にログインします。アカウントを持っていない方は「新規会員登録」から登録をします。

 

f:id:yayoi0004:20170810220831j:plain

今回は3種類作ります。買い物かごから「購入手続きへ」を押します。

 

f:id:yayoi0004:20170810220841j:plain

送り先を指定します。指定後「次へ」を押します。

 

f:id:yayoi0004:20170810220854j:plain

「配送方法」「支払い方法」「配送時間帯」を指定します。

 

f:id:yayoi0004:20170810220902j:plain

最後に「次へ」を押します。この後クレジットカード情報の登録があります。

 

f:id:yayoi0004:20170810220912j:plain

登録したアドレスにメールが届きます。①のアドレス先に飛び、②に指定されている「ご注文番号」を打ち込みます。

 

f:id:yayoi0004:20170810220920j:plain

4桁の数字を入れます。仮に「0000」だとしたら、ファイル名は「0000_1.psd」のように指定します。

 

f:id:yayoi0004:20170810220929j:plain

アップロードには少し時間がかかります。数分待ちましょう。

上の表示ができたら入稿完了です。お疲れ様でした。

 

クリアカードの使い方

ポストカードと違い、クリアカードは手紙として使用するものではないので、オブジェとして楽しむのが良いでしょう。または、手紙の封筒に入れてプレゼントというのも良いかもしれないですね。

 

 

f:id:yayoi0004:20170211084753j:plain

上のように、クリップで挟めば簡単なオブジェとして楽しむこともできます。光に透けて影ができると綺麗です。

 

切り絵は制作にすごく時間がかかるので、売ってしまうことに抵抗ある方もいらっしゃると思いますが、こういった切り絵原画を使ったグッズで、少しでも自分の作品を世に広めていくことができます。そういった機会の一助となれば幸いです。

 

では、そんな感じで!